国の借金 過去最大に 国民1人当たり約860万円

NHK 5月11日

 国の借金の総額は、昨年度末で1087兆円余りとなり、過去最大を更新しました。国民1人当たりおよそ860万円の借金を抱えている計算となります。
 財務省によりますと、昨年度末の時点の国債や借入金、それに政府短期証券の3つを合わせた国の借金の総額は1087兆8130億円でした。
 前の年度末よりも、16兆2536億円増え2年連続で過去最大を更新しました。これは、高齢化によって医療費や介護費などの社会保障費が膨らみ、税収だけで賄えない分を新たな借金にあたる国債の発行で補っているためです。
 内訳を見ますと、国債が959兆1413億円、借入金が54兆228億円、短期的な資金繰りのために発行する政府短期証券が74兆6489億円となっています。
 国の借金の総額を先月1日時点の人口で単純に割りますと、1人当たり859万円余りの借金を抱えている計算となり、先進国の中でも最悪の水準にある国の財政の立て直しは避けて通れない課題となっています。

Follow me!

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

Leave a Reply