【静岡】介護施設利用者「働き隊」 牧之原で発足

中日新聞 2018/5/8

 牧之原市勝田の通所介護施設「憩の家 みち」が、施設利用者が草取りや掃除などの依頼を有償で請け負う「働き隊」を発足した。勤労意欲が高く、働く能力もある利用者に活躍の場をと、施設の家長を務める石津道弘さん(46)が考案した。
 石津さんは二〇〇七年に施設を開所。認知症の男性利用者が「何か仕事はないか?」と言ってきたため、木でたたいて空き缶をつぶす作業の手伝いを頼んだ。一人で排せつできず、怒りっぽい性格だった男性が、黙々と作業する姿に感心した。その後も、勤労意欲のある利用者たちが施設の手伝いを買って出るようになった。
 彼らが真剣に作業する姿に手応えを感じ、働き隊を始めることに。利用者の中から六十~七十代の男女五人を選抜し、石津さんと計六人で結成した。
 市内の福祉施設から二日に初めての依頼があり、石津さんら隊員四人が一時間にわたって草刈りや庭木の剪定(せんてい)に励んだ。石津さんが終盤に「そろそろ片付けの準備を」と呼びかけても草刈りを続けるなど、最後まで集中を切らさずに頑張っていた。隊員の一人で、軽度の知的障害と認知症があるという菊川市の男性(61)は「喜んでもらえてうれしかったし、励みになる。自分が動けるうちは頑張りたい」と意気込んでいた。
 料金は人数に関わらず三十分につき五百円で、参加者が均等に分配する。草取りやごみ捨て、電球交換、簡単な木工作業など、身の回りの困り事を請け負う。仕事内容によって人数を調整し、石津さんが必ず同伴して一緒に作業する。(問)憩の家 みち=0548(28)0223

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す