ぼうこう内の尿量を超音波で測定 介護負担の軽減狙う

徳島新聞 2018/12/29
リリアム大塚が発売した「リリアムスポット」。患者の下腹部に当てて尿量を測る 大塚製薬工場(鳴門市)の子会社で、医療機器などを製造するリリアム大塚(神奈川県相模原市)は、脳機能障害などで尿意を失った患者らのぼうこう内の尿の量を超音波で測定する健康機器「リリアムスポット」を発売した。 幅4・5センチ、奥行き4センチ、高さ15センチで、音声案内機能が付いていて誰でも簡単に測定できる。患者の下腹部に専用の液を塗り、機器を当てると、尿のたまり具合が5段階の目盛りで表示される。患者や患者の家族、介護職員らの利用を想定している。 リリアム大塚は「家庭や高齢者施設での介護の負担軽減や、要介護者の生活の質の向上に役立ててほしい」としている。 価格は税込み9万7200円。大塚製薬の公式通販サイト「オオツカ・プラスワン」で販売している。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。