「ヘルス2.0」 バックテックが最優秀賞

日経新聞 2018年12月5日

 医療・ヘルスケア分野の最新の技術や先進事例を紹介する国際会議「ヘルス2.0」が4~5日に東京・渋谷で開催された。スタートアップが専門家や投資家らの前で事業モデルを競い合うピッチコンテストでは、人工知能(AI)や遠隔システムなどを使ったスタートアップが登壇。腰痛対策アプリを展開するバックテック(京都市、福谷直人最高経営責任者=CEO)が最優秀賞を受賞した。

5日に実施されたピッチコンテストではバックテックが最優秀賞に選ばれた
 イベント運営の米ヘルス2.0(カリフォルニア州)と医師向け会員サイト運営のメドピアが共催し、日本での開催は今回が4回目。米国では2007年に始まり、医療関連の起業家や投資家、大企業などが最新技術を披露し、交流を深め、事業を創出する場になっている。
 ピッチコンテストでは最終候補に6社が残った。最優秀賞を受賞したバックテックは肩こり・腰痛対策アプリ「ポケットセラピスト」を法人に提供している。アプリを通じて健康相談やエクササイズ動画などを提供し、腰痛などの体の痛みの解決を目指す。社員の生産性向上や医療費削減につながるとして健康経営に取り組む企業向けに展開し、JR東日本やコニカミノルタなどが導入している。理学療法士でもある福谷CEOは「肩こりや腰痛による生産性低下が企業の損失につながっている」と訴えた。
 このほか集中治療専門医チームがビデオ会議を通じて遠隔でサポートするDtoD(医師間)サービスを提供するT―ICU(兵庫県芦屋市)や、AIを使った問診システムを展開するUbie(ユビー、東京・品川)などが事業内容を披露した。
 今回のコンテストでは医師や理学療法士など医療の専門家が起業したスタートアップが6社中4社と、最終候補の過半を占めた。医療現場で働く医師や専門家が課題を感じ、解決を目指して事業を立ち上げるケースが増えている。
 医療・ヘルスケア系スタートアップの多くがIT(情報技術)やAIなどの技術を利用し、患者が利用しやすいサービスの開発や非効率の改善、医療費削減に取り組んでいる。今回のようなイベントを通じ、スタートアップと大企業や投資家などエコシステム(生態系)が広がり、資金面や事業面でのサポートにつながることが期待される。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。