介護事業19年度に黒字化 パナ、効率化で利益改善

共同通信  2018年10月11日

 パナソニックは10日、2015年度から赤字が続く介護事業を19年度に黒字化する目標を明らかにした。介護サービス付き高齢者住宅などの展開を大幅拡大したことで売上高が伸びた一方、投資負担のために利益が出ない状況が続いていたが、拠点の新規開設を抑制し、業務効率化やサービス内容の見直しで利益改善を図る。
 介護事業を手掛ける「パナソニックエイジフリー」(大阪府門真市)の森本素子(もりもと・もとこ)社長が東京都内で開いた説明会で明らかにした。高齢者の就寝状況や行動をセンサーで見守ることで職員の業務を効率化したり、デイサービスの送迎計画を人工知能(AI)で作成するシステムを導入したりして省力化を進める。
 サービスの見直しでは、食事やトイレの動作訓練ができるプログラムを強化。高齢者や家族の幅広い需要に応えられるようにして、売上高を20年度に17年度の約1・3倍となる500億円に拡大することを目指す。
 森本社長は「拠点の量的な展開をいったんストップし、品質を重視した成長にかじを切る」と話した。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。