日看協、認定看護師制度再構築の設計案を公表  意見公募も開始

Medifax digeset 2018/7/31

 日本看護協会は27日、「認定看護師制度の再構築に関する制度設計案」を公表し、制度設計と分野再編に関する意見の公募(8月10日必着)も開始した。それを踏まえ、9月の理事会で新制度の概要を決める予定。11月には規程の改正と再構築後の分野も決定し、12月に基準カリキュラムの意見公募を行う見通しだ。
 日看協は、保健や医療、福祉の体制が病院完結型から地域完結型へと転換していく中、「急性期に加えて在宅医療までを支えられ、地域・施設間の連携に参画できる看護師が必要」と指摘。そうしたニーズに対応するため、特定行為研修における臨床推論やフィジカルアセスメントなどを組み込んだ新たな認定看護師制度に改定するとした。
 制度設計案では、教育機関と個人それぞれに対して、新制度の開始時期や経過措置、移行支援などを示している。分野の再編に関しては、教育機関や関連学会へのヒアリングを踏まえた再編案を提示。「緩和ケア」と「がん性疼痛看護」の統合など、現行21分野のところ、新たな分野案は18分野となった。
 意見の提出は、日看協ホームページ(https://www.nurse.or.jp/nursing/cn/public_comment.html)から。

Follow me!

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す