【島根】市民健康増進へスクラム 益田・介護施設運営病院医師ら有志

山陰中央新報  2018年7月9日

 島根県の益田市内で介護施設を運営している病院やクリニックの医師有志がグループを結成し、市民の健康増進に向けた講演会を定期的に開く。第1弾として「病気にならないための勉強会」と題した講演会を7日、同市駅前町の市立保健センターで初めて企画。それぞれ専門の医療分野を担うメンバーたちは「得意の領域で市民に役立ちたい」と意気込んでいる。
 それぞれ専門分野を持つ医療機関が連携を強化し、質の高い医療、介護情報を提供することで、住民が住み慣れた地域で生活できる環境をつくろうと、あすかクリニック(益田市乙吉町)の井上貴雄院長がグループ結成を呼び掛けた。
 石見クリニック(同市駅前町)、金島胃腸外科(同市高津1丁目)、永瀬脳外科内科(同市土井町)、松ケ丘病院(同市高津4丁目)が賛同し、2017年11月に設立。活動内容を検討し、講演会の定期開催を決めた。2カ月に1回、メンバーの医師らが講師を務め、健康維持や病気への対処法を伝える。
 18年11月には、グループ設立を記念したシンポジウムも予定している。
 7日午後2時からの講演会は、第1部で井上院長が「あなたの骨は大丈夫?」と題し、骨粗しょう症などについて講演。医師やケアマネージャーが介護のお悩み相談会を開く。第2部では、管理栄養士による同症予防のための調理実習を行う。参加無料で事前申し込み不要。第2部は定員30人としている。
 井上院長は「勉強会を通じ、市民に病気への備えを知ってもらうとともに、医療機関が連携を強化し、利用者が適切な医療・介護を受けられるようにしたい」と意気込んでいる。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す