認知症サポーター、初の1000万人超 全国キャラバン・メイト連絡協が公表

キャリアブレイン 2018年07⽉02⽇

 認知症の人やその家族を支援する「認知症サポーター」が初めて1000万人を超えたことが、サポーターの養成などに携わる全国キャラバン・メイト連絡協議会の集計結果で分かった。
 同協議会によると、3月末時点での全国の認知症サポーターは1000万2300人で、サポーターの養成講座の講師を担うキャラバン・メイトは14万9289人だった。
 1000万2300人のサポーターのうち、最も多かったのは、自治体や地域で養成された「自治体型」で943万8721人。これに、全国規模の企業や団体によって養成された「企業・団体型」(46万9333人)、広域からの参加者によるシンポジウムやフォーラムによる「啓発型」(9万4246人)が続いた。
 認知症サポーターをめぐっては、2017年7月に開かれた「認知症高齢者等にやさしい地域づくりに係る関係省庁連絡会議」で、新オレンジプランでの数値目標の更新が公表された。それまでのサポーターの養成状況を踏まえ、20年度末までの養成数を1200万人(従来は17年度末までに800万人)に増やす方針が掲げられた。

Follow me!

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

Leave a Reply