【東京】6歳未満の男児「脳死」、臓器提供へ…8例目

読売新聞 2018年7月2日

 日本臓器移植ネットワークは6月30日、東京都内の病院に入院していた6歳未満の男児が、改正臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が28日に臓器提供に同意し、30日にかけて脳死判定が行われた。7月1日に臓器の摘出が行われる予定。同ネットが公表している6歳未満の子どもからの提供は8例目。
 男児の家族は提供を決めたことについて、同ネットに対し「息子の体に傷をつけることへの抵抗もあったが、息子の臓器を提供することでだれかが救われ、私たちのように子どもを失い、つらい思いをする親御さんが少なくなればと思い、決断にいたった」と語ったという。

【家族のコメント(原文のまま)】
 私達の息子は、イタズラが大好きなやんちゃ坊主でした。
 いつも無邪気な笑顔で、周りの皆を幸せにし、本当に愛されておりました。
 その最愛の息子を失うこととなり、私達は大変辛く深い悲しみの中にいます。その様な中で、臓器提供という大きな決断をしました。
 私達の切なる願いは、この決断が移植待機中の御家族の苦しみを和らげ、希望となることです。その御家族を笑顔にし得る息子を心から誇りに思います。
 どうかこの決断を静かに見守って頂ける事をお願い申し上げます。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す