米国の高齢者が病院で死ぬことは減り、自宅や地域施設での死が増えている

BioToday.com 2018-06-28

 2000年以降、米国の公的医療メディケア受給高齢者が病院で死ぬことは減り、自宅や地域の医療施設を最期の場とすることが増えています。
 この動向の要因は不明ですが、試験期間の2000-2015年には終末医療の改善を目指す幾つかの大規模な取り組みがありました。

関連ニュース
Medicare hospital deaths decline, hospice usage increases / MDedge
参考文献
Site of Death, Place of Care, and Health Care Transitions Among US Medicare Beneficiaries, 2000-2015. JAMA. Published online June 25, 2018

Follow me!

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

Leave a Reply