【長野】介護事業所から開業医 連絡円滑化へ一覧表

長野日報 2018年6月27日

介護事業所から開業医への連絡しやすい方法や時間帯などをまとめた一覧表「もしもしドクター・すわ」
 諏訪市地域医療・介護連携推進センター「ライフドアすわ」は、市内の介護関連事業所から市内35カ所の開業医への問い合わせ方法を一覧表にした「もしもしドクター・すわ」を作った。介護事業所の職員らが利用者の医療情報をかかりつけ医に聞く際に「忙しい医師に連絡するのがためらわれる」との声が出ていたことから、連絡の取りやすい時間帯や方法などをまとめた。医療と介護の円滑な連携につなげる。約100カ所の介護事業所に配った。
 同センターが昨年9、11月に医療や介護、福祉の関係者対象に開いた多職種協働セミナーで「医療と介護の間に感じる壁」を探った際に、「医師は忙しく、連絡するのに気を使う。医師の都合が分かれば連絡を取りやすい」との指摘があり、同センターで対応策を検討していた。
 各医師に連絡を受けやすい手段について、ファクス、電話、面談、メールの中で優先順位を付けてもらって記載した。対応しやすい時間帯を載せ、面談の際はあらかじめ電話連絡を依頼するなど各医師の希望も書き込んだ。
 同センターは、デイサービスやデイケアなどさまざまな介護事業所で、利用者の症状が変化した時などに迅速な情報のやりとりにつながることに期待する。「医師との信頼関係の中で一覧表を活用したい。必要な情報や医師の指示が速やかに交換され、患者や住民の役に立てば」としている。
 同センターは市が市医師会に運営を委託して昨年7月に本格稼働し、医療と介護の連携策などを考える役割を果たしている。今年度はカンファレンス(事例検討会)に必要な情報の共有に関するセミナーなどを予定している。

「ポチッ」して頂けると励みになります♡

Facebookコメント

仲間募集中

業務拡大につき、看護師、理学療法士、作業療法士、事務職+保育士・歯科衛生士・栄養士・管理栄養士さんを募集中。
週1回1時間から働ける柔軟で明るい職場で、子育てママや社会人学生も在籍。
すぐに考えていないけれど、少しでも御関心があれば、とりあえず雑談させて下さいませ。

コメントを残す